福山大学F4プロジェクト 就活準備 

 

 

チームメンバー

  

・大和永樹 

・藤井香帆 

・伊藤天地 

・葛島一騎 

・来山実樹 

・清水美晴 

・西川和樹

 

 

プロジェクトで探求する問い

 

大学生がいろんなチャレンジができる社会とは?

 


プロジェクトの概要

マインドマップ

 

福山大学F4プロジェクト 就活準備では、大学生が社会に触れられる機会を作り、その中で福山の企業とつながりをもつことを目標として活動を行っています。

実際に大学生と企業がお互いのことを気軽に話し合えるような場を通じて、大学生と企業の求めているものを見つけ出すことで、就活時と就職後のギャップを埋めてることができると考えています。 

そして、お互いの求めているものが合致することで福山での学生の定職率が上がり、これからの福山の活性化につながるのではないか?と、考えています。

 

 

ビジョンマップ

 

 

 

活動地域

福山市(現在 準備中)

 


活動のきっかけ

 

これから僕たち学生が就職活動をはじめていく上で、自分たちがいきたい企業のことを詳しく知るにはmインターンシップ・企業説明会のみで欲しい情報を得る事ができるのか?それを疑問に思った事がきっかけです。

自分だけでなく、就活に漠然とした不安を抱えている・学校の制度では満足のいく就活の準備ができない(自己分析etc..)と、感じている学生が多いと思います。

このプロジェクトを進めていくことで、学生が早くから企業に興味を持ちまた、深く知る事で思っていた仕事と違ったなどと言う事が起こらず、納得のいく就活ができるようになるのではないか?と考えています。

 

 

 

 

 

これまでの活動

 

ゼミメンバーでのミーティング

 

 

 

 


いま困っていること

 

仲間集めについて

本活動に共感を持ってくれる人。また、既存のものをより良くする為のアイディア出しを積極的に行おうとしてくれる人。福山の学生を活性化の手助けをしてくれる人。そう言った人を集める方法やツールなどを求めています。

 

資金計画について

経費が何に必要か、運営に何が必要で、それぞれいくら必要かわからない状態です。

 

活動場所・拠点

拠点:福山大学自分未来創造室。活動場所:福山大学。ローズコム、参画センター、少年自然の家などを検討しています。

 

設備について

パワポ等を見せるためのスクリーン。プロジェクター ホワイトボード。ポストイット・付箋。Office365。議事録を保存し、共有できるアプリなどを探しています。

 

広報関連・IT関連

企業に影響のあるインフルエンサーにどうアプローチするか知りたいと、考えています。

中国新聞 キャンパスリポーター、各大学の掲示板、講義内、ハッシュタグ。IT関連は、Office365・Slack・FACEBOOK・TWITTER・Canva・JIMDO・広報・X Mind アイデア出し・ZOOM 電話でミーティングなどを検討しています。

 

 

*このプロジェクトを応援したい方はこちら → サポーター登録フォーム